NSスパイク協会
自然環境を守る地盤補強工法
ホーム 製品案内 協会案内 施工実績 お問い合わせ
ホーム > 製品案内
 
 『NSスパイク』を使用した『NSスパイク工法』は、これまでの常識を覆す、新たな地盤補強工法です。コンクリートを使用せず、しかもリサイクル可能な環境に優しい工法です。 環境に優しいだけでなく、経済性の向上、施工時間の短縮、施工時の騒音・振動の低減など多くのメリットを持った工法として注目を集めています。
 住宅、広告等、遊具などの建築物や道路標識、街路灯、土木小規模工作物などの地盤補強や杭基礎として、また、全国で建設が進んでいるクリーンなエネルギーを活かす太陽光発電所の建設にも『NSスパイク工法』が採用されています。
 施工は油圧オーガによる回転・圧入方式を採用し、一般的な施工機械であるバックホー又は建柱車での施工となりますので、施工機械の軽量化、作業スペースの縮小化が図れます。
 NSスパイク径Φ100mm以下、NSスパイク長L=1.5m以下のサイズは小型杭打機や人力による打撃方式での施工が可能ですのでバックホー等の搬入が不可能な場所での施工も可能です。
 
 地中に打設されやNSスパイクに鉛直方向の力が加わった場合、上下方向それぞれに、せん断力に抵抗する力と内圧に抵抗する力が発生し、支持力が増加します。
 また、押込み荷重を支えるだけでなく、同等の引抜き耐力を持ち合わせています。
 人力・小型杭打機・重機(バックホー等)を使用し、杭頭部に専用のアタッチメントを取付け、打撃またはオーガによる回転圧入方式で打設します。
 地盤を乱さないで打設することが肝要ですが乱した場合にはセメントミルクを注入しながら打設することにより、その効果を十分に発揮します。
 
ⓒ 2012 - 2014 The Assosiation of NS Spike All rights reserved.